運動音痴のサッカー好きが大人になったら

かろうじて小学校はサッカー部。その後は文化部だった運動音痴が、それでもオタク的なサッカー好きに成長して、フットサル、息子の所属するスポーツ少年団でパパさんコーチをこなす奮闘記

キャプテン候補の退団

別れの季節。

このタイミングで、僕がメインで見ている次男坊の学年で4人が退団の運びとなりました。

 

このうち二人はパパコーチの息子で、それ以前から計画されていたことだったみたいだけれど、形的には僕に辟易してクラブチームに行くことに。

もう一人もクラブチームに。お父ちゃんがこれまたアレな人で、うん、まぁ、息子に厳しく。もっとレベルの高いところでやらせたかったんでしょうね。

とはいえ、選手登録はそのクラブチームの方でするけど、スポ少には残って練習には参加したいと申し出。超レアケース。うん、これいいのかと次期6年生の長男学年保護者で騒ぎになりましたが、規約的にはアウトなので退団してもらうことに。

お父ちゃんがサイドコーチングで答えを与えすぎてしまうので、息子もああだこうだと指示出し。それは別にいいんだけど、言い方が荒い。試合に出てくれるならまだしも、練習だけなら正直、いないほうがチームの雰囲気は良くなるかな。

 

なので、この3人はなんとも。

まぁ、レベルの高いとこでやりたいという気持ちは尊重してあげたいし、それなら頑張ってこいと送り出す。

 

そして、最後の一人。

次男と同じ幼稚園で、その頃から一緒にサッカーを勤しみ、チームでナンバーワンになるほどの存在感があったわけではないけれど、技術もしっかりしてるし、周りも見えている。

自分からリーダーシップを取ることはなかったけれど、グラウンド挨拶させれば誰よりも大きな声でこなしてくれるし、誰かから嫌われる事もなく、僕の中ではダントツのキャプテン候補。

長男に似てるところがあったかな。目立たないけど、実は責任感強くて、しっかり者。その贔屓もあったのも確か。

 

サッカーを辞めることになりました。

別にサッカーが嫌いになったわけではない。

お父さんがバレーボールやっていて、それを一緒にやるということ。

まぁ、仕方ないね。

うちの息子二人もサッカー大好きになったけど、そもそもは僕がやらせたところからスタートだし。親の意向は強い。

 

最後まで楽しそうにサッカーしてくれました。

こっちも今日で終わりと判っているのに、ここはもっとこうしてみようかとか、ここ意識してみようかと、将来に繋がる指導してみたり。

いや、いや、来月あたり、ひょこっと帰ってくるかもしれんし。

いや、帰ってきてほしい。

 

仲間と談笑してる姿が印象的でした。

3年生から入ってきた子とも。まだ1年たってないんだぜ。別の小学校で週末土日の2時間ずつしか接点なかろうに。

子供同士、仲良くなるのも早いんだね。

 

そういうのも含めて残念。